RISUS

広島安佐南区にあるキックボクシングジム|RISUS(リーゾス)筋肉の種類!

お問い合わせはこちら

広島安佐南区のキックボクシングジム|RISUS(リーゾス)筋肉の種類!

広島安佐南区のキックボクシングジム|RISUS(リーゾス)筋肉の種類!

2021/07/09

こんにちは、キックボクシングジムRISUSの戸島です。

専門知識のコーナー第二回、毎週金曜日投稿の予定です。コーナー名は決まっていません(大募集)そして何回分やるかも決まっていません(笑)

 

前回はなぜ脂肪はお腹につくのか、そして基礎代謝も筋肉量も年齢とともに下がり続けるので加齢とともに太りやすくなるという内容でした。(詳しくはなぜ脂肪はお腹につくのかをご覧ください) では今回は基礎代謝をいかに上げるか、その方法の一つが筋肉を鍛えること。 基礎代謝とは人の生命活動で消費されるエネルギーの事で、様々な栄養素が筋肉内にあるミトコンドリアという細胞の中で燃焼されてエネルギーとなるのですが、車に例えて体脂肪がガソリンで筋肉がエンジンだとして、エンジンが大きいほどガソリンを沢山使いますよね、筋肉が多いほどミトコンドリアが多く体脂肪をよく燃やしてくれるという事になります。 なので筋トレをしましょう!と言うと「ムキムキになりたくない」と仰る女性が多いこと。気持ちは解ります、ですが偏見なので「そんなに簡単にムキムキになれたらボディビルダーは苦労しないでしょうね」なんて少し意地悪を言ってみたり(笑) もちろん遺伝や体質に左右される部分はありますが、正しい知識を持ってトレーニングすることで目標とする身体へのボディメイクが可能になるわけです。

 

前置きが長くなりましたが、そんな筋肉について。 筋肉って種類があることをご存じでしょうか、まずは心臓を構成する心筋(シンキン)、内臓や血管などを構成する平滑筋(ヘイカツキン)、骨格を動かす骨格筋の3種類。 一般的に筋肉というと骨格筋を指すので、以後骨格筋=筋肉と呼びますが、実は色々あるんだよという豆知識。

そんな骨格筋にも種類が存在し、赤筋(セッキン)または遅筋(チキン)と呼ばれる筋繊維、白筋(ハッキン)または速筋(ソッキン)と呼ばれる筋繊維。そしてこの速筋にも先ほどの白筋と、中間筋(またはピンク筋)と呼ばれるものが存在します。ややこしいですよね(笑) 単純に赤、ピンク、白い筋肉があるんだとだけ覚えていただければ大丈夫です。 そしてなぜ筋肉のお話をしたかというと、それぞれの筋肉繊維の特徴や特性を理解してトレーニングメニューを考えることで、体型をコントロールすることができるのです。 それぞれの筋繊維についてはまたの機会にしますが、普段食べるお肉やお魚にもそれぞれ赤身や白身が、その動物の動きの特徴なんかを考えると・・・。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。